ありがとう花ちゃん。送る会開催。

11月7日、花子は寝室でうつぶせに寝た状態で息を引き取っていました。

初めに気が付いたのは、飼い主の山田さんでした。

みんなが悲しみに暮れる中、花子が生石高原に来てからずっとお世話を続けてきたKさんが、「花子を送る会をしよう」と発案。急遽、11月11日に送る会をすることになりました。

送る会当日に集まったのは30名。関東から駆けつけてくれた人もいました。

みんな、花子との思い出や可愛らしいエピソードを語り合いました。

晴天の空のもと、思い思いに13年間の花子との思い出を語りました。

一人ひとり焼香し、花を手向け、大好きな果物やハチミツなどの食べ物を棺いっぱいに入れました。

花でいっぱいになった花子の棺。花子のまあるい耳がわずかに見えます。

 

最後に棺に入れたのは、かまぼこ。これまでいつも熊森本部のお世話隊さんが花子のお世話が終わって帰るときに、「さようなら」のサインで花子にあげていたものです。いつものサインをして、棺のふたを閉めました。

花子の大きな棺は、山田さんのショベルカーで釣り上げられ、獣舎の横の見晴らしの良い場所に深く掘られた穴に入れられました。

参列者がおのおの移植小手で穴に土を入れ、最後に山田さんがショベルカーで穴を埋め、墓標を立てました。

墓標の周りには、花子がよくかじって遊んでいた丸太を並べました。

 

花子ほどチャーミングで多くの人に愛されたクマさんはいません。

花子の周りにはいつも笑顔があふれていました。

花ちゃん、いっぱいの思い出をありがとう。

 

花子の最期のケアや送る会開催のためにご尽力いただいたみなさま、あたたかいお心を寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

(wm)

 

*こちらもご覧ください。*

ブログ「くまもりNEWS」11月11日くまもり葬 花子ちゃんありがとう

 

花子の様子…②

10月21日、森山名誉会長とお世話隊Hさんは、花子のお見舞いに行きました。快晴で、少々肌寒いこの日は、日本熊森協会和歌山県支部のお世話日です。支部長の北野さん他4人のお世話メンバーが来られ、合計6人での獣舎をお掃除しました。

メンバーが到着した時、花子は寝室の中にいました。

「気温が低いから、今日はなかなか起きないのでは?」そう思いながらHさんが寝室内を覗くと、花子は体を起こしてしっかりとHさんを見ました。そして、薬を入れたさんま1尾をペロリ。

寝室の扉を開けると運動場に出てきてウロウロしましたが、並べておいたメロン、ブドウ、柿、メザシは食べませんでした。

今回は呼吸はあまり荒くなく、歩くのもしんどくはないようでしたが、運動場で腰を下ろすことはなく、じきに扉を閉めた2つの寝室の前に来て、あっちの扉、こっちの扉とウロウロ。寝室に入りたい様子。

扉を開けると寝室にすぐ入り、自分でぴしゃんと扉を閉めてしまいました。

運動場をウロウロした後は少し荒い呼吸をしていましたが、比較的マシなようでした。

(wm),Report&Photo&Movie:H

花子の様子…

10月17日も、お世話隊さんは生石高原に向かいました。途中、腹水が溜まっていると思われる花子のために、獣医さんから利尿剤ももらって。

到着後、エサに薬を忍ばせて花子にあげましたが、花子は反応せず寝室で寝たまま。(なんと、10月13日に入れたワラにくるまって寝ていました!「体調が心配な花子…」のときと大違い?!)

お世話隊さんが他の作業をしていたら、寝室からエサを入れたボールの金属音がし、花子が起きた模様。お世話隊さんが寝室を覗くと、エサは完食していました。

運動場に好物のスイカ🍉メロン🍈マクワウリ、ブドウ🍇などを置くと、花子がゆっくりと寝室から出てきてメロンの汁をペロリとなめ、マクワウリを少し食べました。
そして、また寝室に戻りました。動くとやはり「はぁはぁ」と呼吸が苦しそうでした。。

(wm),report:H&O、photo:H

まっ茶っ茶☆太郎

10月13日、太郎はちょうど毛が抜ける時期です。

黒色の体のはずが、全身、抜ける毛が浮いてまっ茶っ茶…!

お世話隊Nさんが、熊手で丁寧にブラッシング☆ かなりスッキリしました。

ご飯を満腹まで食べた太郎はリンゴを抱えこみゴロリ。

終始穏やかな太郎でした。

(wm),report:H、photo:H&O

体調が心配な花子…


花子の調子が良くありません。お世話隊さんは心配で、急遽10月13日に生石高原に向かいました。現地には和歌山県在住でお世話を続けているKTさんも来てくださいました。

10月13日秋晴れの和歌山県生石高原

お世話隊さんが到着したとき、花子は寝室の中でした。

寝転んで呼吸荒く起き上がる様子もありません。獣医さんに処方された薬をエサに仕込んで床に置いても、動かず…。運動場内には数カ所に下痢便がありました。

午後になってようやく花子がゆっくりと起き上がりました。

でも、後ろ足に力が入らない感じでヨロヨロとしています。薬を仕込んだエサを食べ、運動場に出てきました。丸太を抱え座り、しばらくするとエサをあげる滑り台の横に移動して、柵に背を向けて座りました。

運動場に出てきて、丸太を抱えて座った花子。

柵に背を向けて座った花子。「掻いて~!」のサイン?お世話隊さんが熊手で背中をカキカキ。

花子が運動場にいる間に、お世話隊さんは寝室を掃除し、寒さ対策のためワラを並べて入れました。

花子が寝室に入りたそうだったため、お世話隊さんが寝室の扉を開けると、花子は寝室内で立ち止まってじっとワラを眺め、まるで「こんなん邪魔!」という感じでワラを手で横にのけていました(!)。

寝室でワラを除けて座った花子。

でも、そのあと、寝室の床に座り、息がはぁはぁと苦しそう。

動くとやはりしんどい様子でした…。

 

(wm),report:H、photo:H&O

2頭とも、自ら寝室にイン☆

9月23日、お世話隊さんの気配(食べ物の気配??)を感じて、自ら引き戸を手で引いて、寝室に入る2頭。賢い~。

【この日の2頭の様子】

花子の運動場には、下痢便がいくつかありました。毛並みもツヤがなくボサボサとした感じ。食欲もいつもようではなく、本調子ではなさそうです。獣医さんは、鉄分の多い物を食べさせて様子を見るように、とのこと。注意してみていきます。

太郎はニンジンをムシャムシャ。背中をお世話隊さんに向けて獣舎の柵にもたれて座り、背中カキカキのおねだり!お世話隊のFさんに棒で背中を掻いてもらって、気持ち良さそうでした☆

(wm)、report:H、Movie:FM

太郎のお母さんのお墓参り

9月23日の太郎と花子のお世話日は、ちょうどお彼岸でした。お世話隊さんは、2頭のお世話の前に、太郎のお母さんのお墓参りに行きました。(太郎の生い立ちは「太郎が飼われるまで」をご覧ください。)

お墓には、いつも太郎と花子に差し入れを持ってきてくださるバイク乗りBさんのお供えリンゴが、すでに置いてありました。

梨やキウイ、お花をお供えしてみんなで手を合わせました。

(wm),photo:H

 

台風と大雨後の太郎と花子は

9月4日の台風21号に続いて、9月7日から8日にかけての大雨があった近畿地方。生石高原への道中も大変なことになっていました。

強風で折れた大きな枝や飛ばされた青葉が道に散乱。通行止めの道もありました。

太郎と花子の獣舎への案内看板も一部吹き飛んでいました。

回り道をし、悪路をかきわけ、苦労してたどり着いた生石高原の獣舎でしたが、太郎と花子は、いつものとおり、ゆったりまったりマイペース。変わらない姿を見せてくれました。

 

お世話隊さんによって盛り付けられたフルーツたち

(wm),photo:O,FM

キャッチ&ムシャムシャ❤

8月26日、お世話隊さんと花子のふれあいタイム。

お世話隊さんの「花ちゃん、あーんして」の声に、花子も口を「あーん」。

うまく食べられたかな?

花子の口に入れられた食べ物は、現地でお世話隊さんが捕まえたバッタたち。

中には、花子の口の手前でうまく難を逃れたバッタも?!

花子は、この日の2週間前にバッタをあげたときはあまり関心を示していなかったのに、この日はとても嬉しそうにムシャムシャ食べていました。

(wm),Movie&Report:H