続きまして、猪エステ開店

3月25日、お世話隊さんは太郎と花子のお世話を終え、獣舎から少し下ったところにある山田さんちを訪れました。

番犬たちが急に吠え始めたので、みんなでその方向に向かって「ポーちゃん!」と呼んでみました。

すると現れました、山田さんファミリーのイノシシ、ポーちゃんです。

ポーちゃんは食事が終わると、柵の近くに自分からゴロン。「掻いてー」のポーズ。

「イノシシエステ開店しました」

お世話隊さんがさすると、ポーちゃんはウットリ。

「反対側も掻いて」と横になる向きを変えるのですが、柵が邪魔してお世話隊さんの手が届きません。

「ポーちゃんもっとこっちにおいで」と言うと立ち上がり、気持ちよくなるとゴロンとまた横に。ここにも、エステを楽しむ常連客がいました。

ちなみに、このお客さん、かんきつ類は皮を剥いて中身だけを食べていました。意外と器用なんですね。

(wm),reported by FM

 

月末限定、熊エステ開店

3月25日、和歌山県生石高原。

「本日、熊エステ開店しました」
常連客の花子は、いつも「ここ掻いてー」のポーズ(指示)があります。
この日のサイン(指示)は、「脚掻いてー」?!

檻の間から差し出された花子の脚

「お客さん、ここですか?」
お世話隊さんが、エステティシャンに早変わり。

あー、そこそこ!

 この花子の気持ちよさそうな顔が、周囲を笑顔にしています。
(wm),(reported by FM)

太郎のツメ切り

3月25日、快晴の中、大学生を含む11名のお世話隊が、和歌山県生石高原の太郎と花子のもとを訪れました。

いつものように掃除を始めると、お世話隊のFTさんが獣舎内でこんなものを発見。「コレ何?」

そうです。太郎の爪です。

 

前日の24日に太郎は巻き爪を、獣医さんに切ってもらっていました。

お世話隊のみなさんは、太郎の左手の爪が手のひらに刺さるほど、丸く長く伸びていたので、以前から心配していました。

 

獣医さんは、太郎に麻酔をかけて爪を切ったそうです。

麻酔は高齢の太郎に負担ではないか、みんな太郎のことが心配でした。森山会長も様子を見にかけつけましたが、太郎は元気そうで一同一安心。

 

 

太郎の爪には、テーピングが巻いてありました。

まだちょっとイタそう。。早く元通りの手になりますように。

 

(wm)(reported byFM)

一足先に春の陽気

3月11日、和歌山県生石高原は、快晴でポカポカ陽気。

でも、花子は眠いのかな?すぐ寝室に入りたがって扉の前で動かない。

お世話隊さんが掃除を終えて、寝室の扉を開けると、のっそり入って、お世話隊さんが入れたワラを前足で全部どけて、うずくまってしまいました。全身真っ黒なので久しぶりの晴天で暑かったのかも??

日なたぼっこ中の太郎

太郎は、次々来る小さなお客さんにピーナッツをもらってご機嫌🎵 お腹いっぱいになって日なたぼっこしながら、前足を重ねた枕に頭を乗せてうとうと… 。

ちびっ子たちが「お昼寝してるとこ、初めて見る~‼」と、喜んでいました。

(wm)

 

生石高原で山焼き!

3月11日、和歌山県は快晴☆

南大阪地区のお世話隊さんが、生石高原に向かうと、多くの消防車や乗用車がいて、草の焼ける匂いが!何事??!

山を焼いていたようです。お世話隊さんが生石高原に着くと、もうほぼ消火されて一面真っ黒でした。

太郎と花子は、ゆったりと獣舎の運動場に出てきて、山焼きからの大勢のお客さんの相手をしていました。

生石高原の明け方は、まだ氷点下。バケツには薄氷が張ります。

プールは落ち葉だけで、水が透き通って底までキレイに見えていたので、お世話隊さんは、プール掃除は止めて、いっぱい隠された宝物(フン)掘りをがんばりました。

こうして、いつもきれいな獣舎なんですね☆ありがとうございます~

(wm)

 

くつろぎ太郎(●´ω`●)

2月25日、太郎は、会いにきてくれた地元の若いカップルさんからイワシの一夜干しをもらいムシャムシャ。

ごきげんでタイヤを枕にまったりとしていました。

獣舎前の地面からはフキノトウが顔を出し、木の芽も膨らんでいました。春はもうすぐ…

(wm)

熱視線?

2月25日、お世話隊さんが、獣舎の運動場の掃除を終えて、太郎と花子を寝室から運動場に出すと、花子がプールの水を飲みにきて、お世話隊Hさんをジィーッ。

Hさんを見つめる花子

運動場の中に置いたリンゴや干し柿などの匂いを嗅いでまわっていましたが、食べませんでした。

(wm)

そっと教えたい

2月25日、和歌山県生石高原は気温4度、曇りのち小雨。一部にまだ雪が残っていました。

 

お世話隊さんが獣舎の裏の扉を開けると、花子が寝室から運動場に出てきました。

あーっ。

花子のお尻にワラ付きのフンが、、、💦

レディにそっと教えたい。「付いてますよ」と。。。

 

花子の寝床に少しくぼみができていました。くぼみの底には、ぺったんこになったフンがありました。

(wm)

 

 

たろはなフレンド☆ポーちゃん

太郎と花子のお友だちを紹介します。

お友だちのお鼻。

お友だちのお目め。(なでられると、目を閉じて気持ち良さそう☆)

 

お友だちのお尻としっぽです。

 

お友だちは、イノシシのポーちゃんです。

ポーちゃんは、お母さんとはぐれて一人ぼっちだったところを保護されて、山田さんのもとで飼われることになったイノシシです。今では、太郎や花子と同じく、山田さんファミリーの一員。

訪れた人になでてもらうのが大好きです。

この日も、お世話隊さんがなでなですると、ゴロンとひっくり返ってウットリ☆

(wm)

寝床をワラであたたかく

2月4日、和歌山県生石高原の気温は、マイナス4度!曇り時々晴れ一時雪。

プールやお堀の水も凍っています。

お世話隊さんが到着しても、太郎も花子も寝室から出て来ません。

お世話隊さんが寝室をのぞくと、太郎も花子も寝床のワラの上で、起きていました。

太郎の寝床はこんもり。

花子の寝床はフラット。やっぱり。。(参照:2頭の寝床を拝見☆

 

ご飯を食べに2頭が運動場に出ている間に、お世話隊さんが、フンや汚れたワラを取り除き、少しでも暖かくなるように新しいワラをたくさん足してやりました。

やぐらを組んだようにワラを入れた花子の寝床

新しい寝床の寝心地はいかがでしょう?

(wm)