日本唯一!?クマのお世話体験

4月14日、奈良県から高校生のYさんが初めてお世話に参加してくれました。Yさんは、見識を広めるためにいろいろな活動に参加しているそうですが、さすがに「クマの世話は他ではない」と参加してみることにしたそうです。

太郎にエサをあげる時も、怖がらずに落ち着いていたYさん。「みなさん、優しくて楽しかった」と感想をくださいました。ちなみにYさんが拾っているものは…

太郎のウンチ💩です。

ウンチには、食べたものの色が出ます。何を食べたのでしょう。

また、この日の太郎はお尻にベッチャリとウンチをつけていました。

寝床のワラにペッタンコになったウンチが残っていたので、犯人はおそらくソレかな。。

お世話隊さんは、昨年11月に天寿を全うした花子のお墓を綺麗にするのはもちろんのこと、彼女の寝床もまだそのままにしていて写真やお花もいつも飾っています。

(wm),photo&report:H

とよの瞳は何万ボルト?🍇

 

4月9日、お世話隊さんのお掃除が終わり、獣舎の運動場に出てきたとよ。

高代寺に上がる道でお世話隊さんが拾ってきたサクラの花をにおって、Hさんが自宅から持ってきてプレゼントしたバラの花をムシャムシャ。そしてヌカをいつものとおりスリスリ😁

タイヤのロープに吊るしたブドウを見つめる瞳は…

めっちゃキュート!!!🍇🍇🍇

ロープをしっかり握って食べていました❤

 

(wm),photo&report:H

4年前のこの日に…

4月9日、気温17℃。高代寺は山桜とコバノミツバツツジが満開でした。

コバノミツバツツジ

お世話隊さんHさんより

ちょうど4年前のこの日、コバノミツバツツジが満開の高代寺にとよが来たことを思い出します。あの日はオリに移したとたんオリの中を猛スピードで何周も何周も走り回りとても可哀想で辛かったのですが、彼がどう思っているのかはわかりませんが、今のとよはとても穏やかで落ち着いています☺️

私がエサをあげようと獣舎の裏にまわると、ちょうどとよはプールをまたぎ座りました。とてもラブリーな後ろ姿♪

高代寺に上がる道にサクラ🌸やツバキの花が落ちていたので、みんなで拾って我が家の咲きたてのバラの花一輪と一緒にとよにプレゼント。食べてくれるかな?

(wm),photo&report:H

高校生ペアも大活躍☆

4月2日は、2人の高校3年生がとよのお世話に来てくれました!Nさんは先週に引き続き、Sさんは初めての参加です☆

とよのプールの水替えに使うタンクのカビを、みんなでブラシでこすって綺麗に。

 

フロートにハチミツ&クルミを詰め込む。

フン拾いや、ブイへのクルミ入れ、食器洗いや水汲みタンクやホースの準備と片付けなど、たくさんの作業を高校生ペアも手伝ってくれて、この日の作業を完了しました。
Nさんは、先週にブイに入れた1キロのクルミや、ひさしの上に置いたフルーツ、木に吊るしたブドウなどが無くなっているのを見て、「自分のセットしたものをとよちゃんが食べてくれて嬉しい」とニッコリ(^^)

とよが良く食べた証拠に、運動場の東側にはフンの山⛰がありました。

お世話隊さんの掃除の後に運動場に出てきたとよは、まずブドウ、次にヌカへ。手でヌカを顔になすりつけたりお皿に顔を突っ込んだり。とても穏やかな様子でした。

(wm),photo&report:H

 

高校生も!みんなでお世話☆

3月26日、とよのお世話に高校生Nさんが参加してくれました。(将来の獣医さん⁉)

とよの寝床と同じワラベッドを体験☆

この日のお世話隊さんは人数が多かったので、パレットを水洗したりオリの泥を拭いて落としたり、プールの水も総入れ替えするなど、色んな作業ができました。

作業のあとは、

じっくりと、とよの観察タイム。

とよの愛らしい姿に作業の疲れも癒されます。

みなさんもお世話に参加されませんか?

(お問合せ先:日本熊森協会 TEL:0798-22-4190/FAX:0798-22-4196)

(wm),photo&report:H

よく食べ、穏やか。

3月26日、高代寺は晴れ(のちに曇り)、気温17℃。

お世話隊さんが高代寺に着いた時、オリの東側にはフンの山⛰😁!とよは、しっかり起きて食べているようです。

寝室のエサ箱にも、なんと…フンとおしっこが…。なぜ?(・_・;)
新しいエサ箱にエサを入れると、とよは完食。

運動場のお掃除などの作業が終わり、寝室の扉を開けると、とよはゆっくりと出て来て、フロートの中に詰めたハチミツくるみに気がつきペロペロムシャムシャ。そのあと米ヌカの入っているトレイに頭を突っ込んでスリスリゴロゴロ。

木の上の方に吊るしたブドウを下からチラチラ、ひさしの上のフルーツもチラチラ見て、気になっている様子です😁でも、お世話隊さんがいる間は、木に登ったりひさしに上がったりはしませんでした。

お世話隊さんが運動場をお掃除している間も「寝室から出してほしい」と催促もせずにおとなしく、いきなり走り出したりということもなく、終始穏やかでした。

(wm),photo&report:H

瞳を閉じて…❤

3月24日、太郎のお隣に暮らすイノシシのポーちゃん、目を閉じて、とっても気持ち良さそうなお顔❤❤

何があったのでしょうか?

あっちに行っては掻いてもらってゴロン。こっちにきては撫でてもらってゴロン🐽お腹もは空くから撫でてもらいながらムシャムシャ🌰(各写真をクリックすると、写真が大きくなってポーちゃんの表情がよく見えます❤)そして、瞳を閉じてリラックス。

「かまってもらいたーい」ポーちゃん。お世話隊Oさんは、熊手二刀流でポーちゃんの要請に応えるのでした。

(wm),Movie&photo&report:H