除夜の鐘にも動じず

12月31日、高代寺に5人のお世話隊さんが除夜の鐘 をつきに行ったところ、とよは寝室の中。

獣舎の裏に置いてあった廃材を焚き火で燃やすため、周囲は廃材の運び出し作業でゴソゴソしていましたが、とよが寝室から出てくる気配はナシ。

鐘をついた後も、去年は真っ暗な中木製のパレットの上をタッタカタッタカ走っていましたが、今年は鐘をついた後も、シーンとしていました。

さすがお寺に住んでいるとよ!鐘の音にも動じないようですね(^ ^)

最低気温が氷点下の日が続いているので、そろそろ本格的に冬ごもりかな。

(wm),photo&report:H

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です