ここ、かいーの。

1月13日、生石高原の澄んだ空気と青空のもとでお世話です。

太郎は、立ったままお世話隊Nさんに熊手で体を掻いてもらっています。すると、掻いている場所にしきりと右手を持ってくる太郎。

熊手が気になるのかな?「ここ、掻いて!」と催促してるのかな?

熊手を爪に引っかけると、太郎に取られそうになり、今度は引っ張り合いっこに🎶  数回綱引きしたら放してくれました。

太郎の爪は、昨年の3月に伸びすぎていたため切りましたが、体調の良さを示してか、再びよく伸びて来てます。

 

(wm),photo&movie&report:O

ワラに深く埋もれて…

1月10日、お世話隊さんは冬ごもりに入ったとよの安否確認に行きました。

前日に雪が降っていましたが、高代寺への山道の雪はほとんどなくなっていました。

獣舎の運動場には、もちろんとよが出てきた形跡はなし。
獣舎の裏の扉をお世話隊さんが開けても、とよはワラに深く埋もれて眠っていました。(写真のワラの中の黒い部分が、とよ)

寝室内のえさ箱には、例年どおり、とよのおしっこが…。

でも、とよが寝ているので、そっとそのままにして帰ってきたお世話隊さんなのでした。

(wm),photo&report:H

冬ごもり開始

1月3日、とよのお世話の事始め。ですが、とよは運動場に出てきていない様子。

獣舎の運動場にフンは一つもなく、プールも汚れていません。

ご飯はひさしの上にリンゴ🍎が2個と運動場のエサ用ベニヤ板の上にキウイ🥝が8個 とドングリが乗ったまま。あたりは静かで、時折鳥のさえずりが聞こえる程度です。

とよは、どうしたのかな…

獣舎の裏からとよの寝室をそっと覗くと、ワラに頭を埋めてじっとしていました。お世話隊さんの気配に、モソモソとゆっくり頭を持ち上げましたが、眠たそうな顔です。「なぁに〜?眠たいんだけどぉ〜?」といった感じでお世話隊さんをみつめ、またすぐ頭をワラに埋めました。

冬ごもりに入った…ようです☆

お世話隊さんは掃除せず静かにとよの見守りだけとなりました。ゆっくりお休み〜

(wm),photo&report:H

除夜の鐘にも動じず

12月31日、高代寺に5人のお世話隊さんが除夜の鐘 をつきに行ったところ、とよは寝室の中。

獣舎の裏に置いてあった廃材を焚き火で燃やすため、周囲は廃材の運び出し作業でゴソゴソしていましたが、とよが寝室から出てくる気配はナシ。

鐘をついた後も、去年は真っ暗な中木製のパレットの上をタッタカタッタカ走っていましたが、今年は鐘をついた後も、シーンとしていました。

さすがお寺に住んでいるとよ!鐘の音にも動じないようですね(^ ^)

最低気温が氷点下の日が続いているので、そろそろ本格的に冬ごもりかな。

(wm),photo&report:H