冬ごもり間近…

12月11日、大阪府高代寺の気温は7℃。お世話隊さんが到着した時、運動場にとよの姿はなく、寝室にいる様子。

運動場のエサ台の上のドングリはほとんど食べられていません。りんご🍎も柿も残っていました。お世話隊さんが獣舎裏の扉から入っても、とよは寝床のワラの上で寝室から出る様子無し。

お世話隊さんが掃除を終えて寝室の扉を開けると、とよは、ゆっくり出てきて、タイヤを吊っているロープに固定したブドウをまず食べ、クルミとハチミツが詰めてあるフロートの匂いを嗅ぎ、そのままトレイに入ったゾウムシの幼虫のところに行きムシャムシャ食べ、そして米ヌカへ。ヌカはやはりたまらないものらしく…長い時間スリスリゴロゴロしていました。
プールには入らず歩くのも動くのもゆっくりになっている感じ。
冷え込みが厳しいので新しいワラを寝室に追加すると、寝室を覗くも中には入らずウロウロし、次は寝室入るもすぐ出てきてウロウロ。こんなことを何度も繰り返して落ち着かないようでした。

そろそろ冬ごもりかな?

 

(wm),photo&report:H

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です