ありがとう花ちゃん。送る会開催。

11月7日、花子は寝室でうつぶせに寝た状態で息を引き取っていました。

初めに気が付いたのは、飼い主の山田さんでした。

みんなが悲しみに暮れる中、花子が生石高原に来てからずっとお世話を続けてきたKさんが、「花子を送る会をしよう」と発案。急遽、11月11日に送る会をすることになりました。

送る会当日に集まったのは30名。関東から駆けつけてくれた人もいました。

みんな、花子との思い出や可愛らしいエピソードを語り合いました。

晴天の空のもと、思い思いに13年間の花子との思い出を語りました。

一人ひとり焼香し、花を手向け、大好きな果物やハチミツなどの食べ物を棺いっぱいに入れました。

花でいっぱいになった花子の棺。花子のまあるい耳がわずかに見えます。

 

最後に棺に入れたのは、かまぼこ。これまでいつも熊森本部のお世話隊さんが花子のお世話が終わって帰るときに、「さようなら」のサインで花子にあげていたものです。いつものサインをして、棺のふたを閉めました。

花子の大きな棺は、山田さんのショベルカーで釣り上げられ、獣舎の横の見晴らしの良い場所に深く掘られた穴に入れられました。

参列者がおのおの移植小手で穴に土を入れ、最後に山田さんがショベルカーで穴を埋め、墓標を立てました。

墓標の周りには、花子がよくかじって遊んでいた丸太を並べました。

 

花子ほどチャーミングで多くの人に愛されたクマさんはいません。

花子の周りにはいつも笑顔があふれていました。

花ちゃん、いっぱいの思い出をありがとう。

 

花子の最期のケアや送る会開催のためにご尽力いただいたみなさま、あたたかいお心を寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

(wm)

 

*こちらもご覧ください。*

ブログ「くまもりNEWS」11月11日くまもり葬 花子ちゃんありがとう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です