とよのために、ドングリ集めにご協力ください!


9月17日に、とよの獣舎前にドングリ回収箱を置きました。
クマは秋にたくさんのドングリを食べて、たっぷり脂肪を蓄え、冬ごもりに備えます。ぜひ近所の公園などに落ちているドングリなど集めて、とよに届けてください!

集めていただきたいドングリの種類:コナラ、クヌギ、アベマキ(マテバシイやアラカシは食べません。)

設置したドングリ回収箱

 

とよの獣舎前まで直接行くことが困難な場合は、本部事務所までドングリをご送付ください。(恐れ入りますが、送料はご負担ください。)

送付先:日本熊森協会本部事務所 〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町1-4

 

(wm),photo:H&FM

 

とよの食べ跡観察(ヤマブドウ&ゆでたまご)

9月11日にボールいっぱいに入れてとよにあげたヤマブドウ。(詳しくは、「旬モノ目白押し❤❤」をご覧ください。)9月17日には、綺麗に無くなっていました。

綺麗に食べられたヤマブドウ。残っていたのは、カスと汁だけ。種は綺麗に出している?!

そして、この日も、旬の食べ物をいろいろ用意しました。

ヤマボウシの実

カキ、ブドウ、ゆでたまごなど

木の実やフルーツ以外に、ゆでたまごも食べるとよ。これまでは全卵食べていましたが、この日は…

ゆでたまごの白身だけ残っている?!!

ゆでたまごの黄身だけ食べて、白身は見事に残していました!この日の黄身は半熟気味でしたが、上手に丸い黄身の部分だけ食べています。

思わずお世話隊Hさんも、「食べ方上手い!(拍手)笑」。

(wm),photo&report:H

たくさんの栗をいただきました❤

9月20日、お世話隊のKさんが、兵庫県篠山の栗農家さんから廃棄栗🌰をもらって来てくださいました。とよにあげると、とても美味しそうに食べていました♪

でっかい栗を食べるときは、一度噛んで栗の殻に割れ目を入れ、鼻と口で殻を押し開けて、中身を食べ食べ。丁寧です☆

中には、一粒がこんなに大きな栗も!

栗農家さん、ありがとうございます!

とよ、冬ごもりに備えていっぱい食べて、脂肪をたくわえてね~。

寝室前には見事なドングリ&栗のフン山がありました。

(wm),photo&report:H,FM

同志社大学の学生さんもお世話に参加!

9月17日、高代寺の気温は23℃、曇り空でジメジメするお天気です。寝室の床の上にこぼれた食べ物に白いカビが生えていて、ぬか漬けのような匂いがプ~ン。湿度がとても高いせいですね。。

この日は、同志社大学の学生さんが参加してくれました!

プールの水汲み用の400㍑のタンクを担いで車に乗せてくれたり、ひさしの上の掃除、ブイにくるみをいれたりとお世話作業に大奮闘☆

食べ終えたドングリのカスとまだ食べられるドングリの仕分け中の学生さん

お世話隊さん全員の力で、カビが生えた寝室も濁ったプールもキレイになり、とよの食卓にも季節のいろいろな食べ物が並べられました。

綺麗になった運動場内を動き回るとよ。バッチリカメラ目線で写真に納まった!

この日は、ハイカーのご夫婦や親子連れの方もとよに会いに来てくださり、写真を撮ったりしてふれあいタイムを楽しまれました。みなさんも、ぜひ高代寺のとよに会いに来てください~!

(wm),photo&report:H

真相!ブイ内のクルミはいかにして食べられたか

7月31日にオレンジ色のブイのおもちゃが入って以来、ブイの中に入れられたクルミをとよがどのように食べているのか、これまで謎のままでした。

(ブイをめぐるこれまでのブログ:7月31日「ブイ・ブイ・プレゼント☆」、8月7日 「ブイの中のクルミを完食☆」、8月7日「関西学院大学の学生さんがお世話に参加!」、8月20日「甲南大学の学生さんがお世話に参加!」)

9月11日、その真相がついに明らかに!

とよが、ブイに開いた小さな穴に舌を入れて、少しずつクルミを食べていたことが判明。後ろ足で立ったまま4分以上。

やはりそうでしたか!お世話隊さんの予測的中でした☆

(wm),Movie:FM

クマ式いが栗の食べ方

9月11日、とよのためにいが栗を持ってきてくださったお世話隊のKさん。とよが食べやすいよう、いがを開いておく親心です。さあ、お食べ~。

すると、あらビックリ。びっ栗。いがをもろともせず…

とよは、いがを口でくわえ、手で押さえ、口を当てて、いがの中のクリを食べてしまいました。

痛くないのかなぁ。

見ている方が「痛い、痛い」と思わず声が出てしまうのですが。。。

 

(wm),Movie:FM

旬モノ目白押し❤❤

9月11日、とよのもとに、いろいろな旬の食べ物が届きました❤

ボールいっぱいのヤマブドウ❤

東京のくまもり会員さんがクール宅急便で送ってくださいました。

たくさんのドングリ❤

お世話隊のFMさんとFTさんが台風で落ちたドングリ(クヌギ)を集めてくださいました。なんと15kgくらいの量がありました。

いが付きのクリ❤

お世話隊のKさんが採ってきてくださいました。

野生で暮らしていたときも、これらの食べ物を食べていたのでしょう。持ってきてもらって嬉しいね、とよ。

でも、トゲトゲの殻に包まれたクリをどうやって食べるのでしょう?次回ブログをお楽しみに。

(wm),photo:FM

台風と大雨後の太郎と花子は

9月4日の台風21号に続いて、9月7日から8日にかけての大雨があった近畿地方。生石高原への道中も大変なことになっていました。

強風で折れた大きな枝や飛ばされた青葉が道に散乱。通行止めの道もありました。

太郎と花子の獣舎への案内看板も一部吹き飛んでいました。

回り道をし、悪路をかきわけ、苦労してたどり着いた生石高原の獣舎でしたが、太郎と花子は、いつものとおり、ゆったりまったりマイペース。変わらない姿を見せてくれました。

 

お世話隊さんによって盛り付けられたフルーツたち

(wm),photo:O,FM

大雨後、急遽とよの安否確認


9月7日の晩から8日の未明にかけて、強い風が吹き大雨が降った大阪府。9月8日の朝、お世話隊のHさんとOさんが、急遽、とよの様子と高代寺周辺確認のため、現地に向かってくれました。

高代寺までの道は、一部、川のようになっていました。

お二人が獣舎に着いたとき、とよはひさしの上にいて、「あ、来たの?」という感じ。

ひさしから降りてきて、すぐに寝室へ。寝室の中で、エサ箱から入れてもらったブドウを、房の茎部分を除けて上手に食べました。Hさん差し入れの、今季初のクリもおいしそうにモグモグ。

特に変わりないとよの様子に、一安心。

Hさん、Oさん、悪天候の中、ありがとうございました。

(wm),photo&movie:O