お助けマン、山上に参上!

7月29日に日本列島を東から西へ横断した台風12号により、とよの獣舎の隣のイチョウの木が折れ、大きな枝が獣舎の上に乗って、獣舎裏の扉が開かなくなってしまいました。これではエサやりや掃除ができません。困りました。

台風12号の強風で折れたイチョウの木

このピンチを聞いて、林業経験者のKさんが、翌7月30日に、通行止めになっていない道をぬって、山上の豊能町高代寺に駆けつけてくださいました!

獣舎の上に乗ったイチョウの大きな枝

Kさんは自前のチェンソーで大きな枝を手際よく伐採。扉が開くように処置してくださいました✨(お一人で作業してくださったため、写真が残っていません。残念!😢)

翌31日のお世話日には、熊森協会本部スタッフのIとMが後処理をして、無事、事なきを得ました。とよにも怪我はありません。お助けマン、ありがとう!

でも、お世話日のとよはご機嫌ななめ。最近では珍しく獣舎内の運動場の東側を行ったり来たりと、常同行動をしていました。台風のせいかな?木が倒れたせいかな?チェンソーの音があったせいかな?きっととよには大きなストレスだったのでしょうね。

この日のとよは、寝室になかなか入らなかったので、お世話隊さんは、獣舎の外からフン拾いやプール掃除をしました。

(wm),photo:K&H,report:H