とよのフンからできた堆肥、要りませんか?

4月3日にとよのフンを堆肥にするために設置した特製コンポスト「フンデルトハッコウシュタイン」。(詳しくは、「命名『糞デルト発酵シュタイン』?!」参照)

毎週1回のお世話の際に集めるとよのフン(15個~20個くらい)を、4月から6月まで2か月間、この特性コンポストに入れて、EM菌やおがくずなどとともに発酵させてきました。

7月3日に中を確認すると、ほぼ分解されて匂いのない、よい肥料になっていました☆☆☆

とよのフン2か月分からできたコンポスト内の堆肥(7月3日撮影)

体積にして約10Lあります。秋のドングリシーズンになるとこの数倍の肥料ができる見込みです。

とよの獣舎まで直接受け取りにお越しいただけるのかたに差し上げます!

熊森本部事務所まで、ご連絡ください。

【応募方法】

  1. ご連絡方法:氏名、住所、電話番号、使用目的、希望する引き渡し量を、FAX、メール、または電話で熊森本部事務所にお伝えください。
  2. 受付:先着順(なくなり次第、受付を終了します。)
  3. お引き渡し:日程を調整の上、スタッフ立ち合いのもと、お渡しします。
  4. 連絡先
  • 一般財団法人日本熊森協会 本部事務所
  • 〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町1-4
  • TEL:0798-22-4190/FAX:0798-22-4196

堆肥コンポスト(フンデルトハッコウシュタイン)(7月3日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です