あ~気持ちイイ♪花子流プールの楽しみ方

7月22日、和歌山県生石高原には、晴天のもと、お世話隊さんによるプール掃除の後の「打たせ水」を楽しむ太郎と花子の姿がありました。

花子は、自分で移動して、肩や首すじにうまく水が当たるようにしています☆

あ~気持ちイイ♪

そんな花子の声が聞こえてきそうです。

ちなみに、手前のまっすぐ落ちる水は、プールに水を入れるために天井に張ったパイプからの水で、奥から放物線を描いて花子の肩に掛かっている水が、シャワー係のお世話隊FMさんによる水です。

そして、プールが満水になると…

花子は、プールの淵にちょこんと手を置き、ゆったりと水風呂を楽しんでいました。

(wm),photo:H,report&movie:O

ささやかな涼☆

7月16日、高代寺のもとにかき氷屋さんが駆けつけました。

連日猛暑が続く中、お世話隊FTさんが、とよのために氷と電動かき氷機を持ってきてくださったのです☆

冷凍ラズベリー入りのかき氷に、とよも大喜び!

果物より先に冷たいかき氷をシャクシャク❤

うだる暑さで大変なお世話作業を、この日も無事に完了したお世話隊のみなさんも、とよの隣りでカフェタイム♪

かき氷のおかわりが止まりませんでした。

 

(wm),Movie:FM

とよのフンからできた堆肥、要りませんか?

4月3日にとよのフンを堆肥にするために設置した特製コンポスト「フンデルトハッコウシュタイン」。(詳しくは、「命名『糞デルト発酵シュタイン』?!」参照)

毎週1回のお世話の際に集めるとよのフン(15個~20個くらい)を、4月から6月まで2か月間、この特性コンポストに入れて、EM菌やおがくずなどとともに発酵させてきました。

7月3日に中を確認すると、ほぼ分解されて匂いのない、よい肥料になっていました☆☆☆

とよのフン2か月分からできたコンポスト内の堆肥(7月3日撮影)

体積にして約10Lあります。秋のドングリシーズンになるとこの数倍の肥料ができる見込みです。

とよの獣舎まで直接受け取りにお越しいただけるのかたに差し上げます!

熊森本部事務所まで、ご連絡ください。

【応募方法】

  1. ご連絡方法:氏名、住所、電話番号、使用目的、希望する引き渡し量を、FAX、メール、または電話で熊森本部事務所にお伝えください。
  2. 受付:先着順(なくなり次第、受付を終了します。)
  3. お引き渡し:日程を調整の上、スタッフ立ち合いのもと、お渡しします。
  4. 連絡先
  • 一般財団法人日本熊森協会 本部事務所
  • 〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町1-4
  • TEL:0798-22-4190/FAX:0798-22-4196

堆肥コンポスト(フンデルトハッコウシュタイン)(7月3日撮影)

ゴロリン大会in生石高原

7月8日、お世話隊さんが、太郎と花子の獣舎の屋根に上って、日よけの補修と追加をしていると…

花子が大の字でゴロリン。

続いて、太郎も横寝ゴロリン。

2頭とも、寝転がってまったり☆

 

気づけば、隣の獣舎で、イノシシのポーちゃんのウリ坊たちも!

トリオでゴロリン(*´Д`)☆☆☆

暑いと人間もこうなりますよね💧みんな一緒。

 

(wm),photo&movie:H&FM

もしかしてヘビ?寝室に入らない花子

7月8日、お世話隊さんは、7月6日からの連日の大雨により各地で災害が起きていたので、「和歌山県はどうかな…」と少し心配をしながらお世話に向かいました。

生石高原までの道中は、途中、一部の山ののり面が少し剥がれているところはありましたが、無事に太郎と花子の獣舎に到着できました。

太郎はすぐに寝室に入りましたが、花子はなかなか寝室に入ってくれません。寝室のエサ箱に入れられたサバご飯も、トレイごと口でくわえて運動場に引っ張り出そうとする花子。

ところが、ご飯はトレイからこぼれ落ちて、全部寝室の床の上に!(゚Д゚;)

それでも花子は、腰から後ろを寝室の外に出したままこぼれたご飯を食べていました。寝室には入らず。どうしたのでしょう?

以前、寝室にヘビがいて、ヘビが大嫌いな花子はしばらく寝室に入らなくなったことがありました。今回ももしかしたらヘビの仕業??

太郎と花子の獣舎の隣にあるイノシシのポーちゃんの檻の近くにいたヘビ

 

花子が寝室に入らなかったので、この日は、花子のプールと運動場の掃除はできず…。でも、運動場で丸太を抱っこして、のんびりする花子の姿に癒されたお世話隊さんなのでした。

(wm),report:H

クルミ割り対決 とよ&太郎

7月3日、大阪府のとよは、ナワシロイチゴの実、さくらんぼ、キウイ、ブドウ、桃、スモモ、マンゴーなどなど、季節の果物を含むたくさんの食べ物をおなかいっぱいムシャムシャ。

特に、お世話隊さん差し入れの「殻つきクルミ」が大好き☆

とても硬くて食べにくいと思うのですが、難なくかじり無心にガリガリ!!

いい音立ててマス❤

殻つきクルミは、和歌山県の太郎も大好き。

ちょっと苦戦??鼻を押し当てて何を確認してるのかな。。

 

(wm),Movie&report:H&O

プールの水位確認

7月1日、お世話隊のKさん夫妻が、とよの運動場のプールの水位が低下していることに気がつきました。

7月2日に、熊森本部スタッフとKさんが確認に行ったところ、さらに水位が低下してました。排水管などを確認したり掃除したりしましたが、原因はわかりません。この日は水面の高さにガムテープを張り、翌日に再度水位を確認することにしました。

7月3日、3度目の確認をすると、水位は下がっていませんでした!ひと安心。

いつものとおりプールの水を交換し、とよにプールを楽しんでもらえるようになりました。

7月2日 水位が低くなったプールにおしっこ。あれれ?うんちも?!

水位は、引き続き注意して見ていきます。

(wm),report:U

お世話隊さん、いつもありがとうございます!

6月24日は、7名のお世話隊さんが、2頭のために汗を流してがんばってくださいました。(お一人は初参加の大学生さん!)

獣舎内のフンを取り除き、プールの掃除をしたり、獣舎に日除けを張ったり。

おいしい食べ物をあげたり、2頭の「掻いて〜」という要請に応えたり。

隣人イノシシのポーちゃんの「掻いて〜」にも応じたり。2頭やお世話の記録を写真などにおさめたり。

みなさん、お疲れ様でした!

お世話に来てくださる方、資金や物資をご提供くださる方、多くの方に支えていただき、2頭は今日も元気です✨

(wm)