とよとお世話隊さんの駆け引き

3月27日、とよが冬ごもりから明けると、お世話隊さんは、することがたくさん。この日は9人でのお世話です。

最近お仕事が忙しかった、お世話隊の中心的存在のHさん、Oさんも、久しぶりの参加です。とよも心なしか喜んでいるよう。

お世話作業の一つは、とよのフンの片づけ。

とよもよくわかっているのか、柵側にフンをしています。おかげでお世話隊さんは柵の外からでも、ほとんどのフンを取れます。

でも、できるなら、獣舎の運動場をもっとキレイにしてあげたい。そのためには、お世話隊さんが獣舎内に入り、代わって、とよには寝室の扉の中に入っておいてもらわなければいけません。

お世話隊さんは、なるべくストレスを与えずにとよが自ら寝室に入るよう、寝室に大好物のエサを入れて誘います。

とよは、お腹を空かしているはずですが、警戒しているのか、片足は寝室の外に残して、扉が閉まるのを阻止。

「あっ!」

扉に挟まれそうになっても、とよはスルリと抜けました。

 

そして最後は予想外の展開。お世話隊のOさんがデッキブラシでとよのお尻をチョンチョンと優しく押すと、驚いた拍子にそのまま寝室入ってしまいました。

まさかの結末に、一同大笑いでした。

 

(wm),reported by FM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です