続きまして、猪エステ開店

3月25日、お世話隊さんは太郎と花子のお世話を終え、獣舎から少し下ったところにある山田さんちを訪れました。

番犬たちが急に吠え始めたので、みんなでその方向に向かって「ポーちゃん!」と呼んでみました。

すると現れました、山田さんファミリーのイノシシ、ポーちゃんです。

ポーちゃんは食事が終わると、柵の近くに自分からゴロン。「掻いてー」のポーズ。

「イノシシエステ開店しました」

お世話隊さんがさすると、ポーちゃんはウットリ。

「反対側も掻いて」と横になる向きを変えるのですが、柵が邪魔してお世話隊さんの手が届きません。

「ポーちゃんもっとこっちにおいで」と言うと立ち上がり、気持ちよくなるとゴロンとまた横に。ここにも、エステを楽しむ常連客がいました。

ちなみに、このお客さん、かんきつ類は皮を剥いて中身だけを食べていました。意外と器用なんですね。

(wm),reported by FM

 

続きまして、猪エステ開店」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です