ドングリを集めています

ツキノワグマは季節に応じて、様々な植物・昆虫などを食べます。

主な食べ物は春は山菜、夏は昆虫や川魚など、秋はドングリです。秋にたっぷり脂肪を蓄えないと、冬籠りできません。
高代寺のとよ君は8月より食い込みが始まり、最近は果物よりもクルミやクリを好むようになってきました。今年のドングリを与えると嬉しそうにコリコリと食べます。


今秋もとよ君の冬ごもり前の食料として、コナラ、アベマキ、クヌギを集めます。
皆さん、ドングリ集めにご協力よろしくお願いします。

高代寺の獣舎前にドングリ回収箱を設置しました。

とよ君はマテバシイやシイ・カシ類のドングリは食べませんのでお気を付けください。
ドングリの見分け方は下記のページが参考になります。
http://www.enyatotto.com/donguri/acorn/acorn.htm

ドングリは天日で乾かし、土砂を落として、新聞紙などにくるんで下記までお送りください。ビニル袋では水分が出てカビが生えてしまいます。

送り先
郵便番号662-0042
西宮市分銅町1-4 日本熊森協会内とよ君ファンクラブ
電話0798-22-4190

 

 

ピカピカの獣舎で打たせ水

気持ちのいいお天気の8月27日。
ペンキを塗り替えられた獣舎は太陽の光をあびて、まぶしいほどピカピカ☆☆

お世話隊さんが、太郎と花子が涼しく過ごせることを願って、ペンキ塗り替えのために外していた日除けを張ってくれました。

たろうはプールに入って打たせ湯ならぬ、打たせ水を満喫。

花子はバッタの差し入れに大喜び。

暑い中でも、笑顔いっぱいのお世話隊のみなさん。お疲れさまでした!

(wm)

 

つるされたブドウにチャレンジ☆

8月31日、お世話隊のHさん獣舎に到着すると、とよは、ひさしの上で寝ていました。

ところが、Hさんが、獣舎の作業スペースの鍵を開けると、まだエサも入れていない寝床部屋に先回り。
Hさんが作業スペースに入れば寝床部屋でご飯をもらえる、とわかってきたようです。

お世話隊のKさんが持ってきてくれたミズをムシャムシャ。

さらにKさんが周辺のササをちぎって獣舎内に差し入れると、口にくわえたり引っ張ったり。

Kさんと遊んでいるみたいです。

 

獣舎につるされたブドウには…

タイヤにつかまって、食べようとチャレンジ!でもなかなか食べられず…。

イライラしたのか、タイヤをかんで、ちょっと八つ当たり?!

でも、手を使ったりしてうまく食べられました。

(パク☆)

 

(wm)

奥山のせせらぎ

9月になっても暑い日が続きます。

8月に兵庫県宍粟市の奥山を調査しました。20年ほど前にはクマが生息していたのですが、今はエサになる動植物が少ないため、たまにクマが通過する場所です。

最上流部のせせらぎを撮影しました。音声のボリュームを上げてご覧ください。(U)