大事な桃は踏みません

ひさしの上に、お世話隊さんが並べた桃。

とよは、桃を踏まないように、狭いひさしの端っこを上手に歩きました。

さすが☆

(wm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です